movie | Middle age Ferretアクセス解析
男40代-そろそろ人生折り返し
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アリエッティ
 
今年は遠出しないので、子ども達のリクエストで「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました。
イオンシネマだと月曜日ならカップル割引があるのだけど、残念ながら行ったのは火曜日。
それでもピロティおとくにで、割引チケットを購入して行きました。

原作はメアリーノートンの「床下の小人たち 」。
ジブリならではの美しい映像と豪華声優陣でスクリーンに釘付けでした。

原作を読み始めている(全5巻中1巻)下の子は「続きが読みたい」と本屋に行くも、見つからなかったようです。
で、アリエッティの特集だったMOE を購入。

その日の夜、偶然にもNHKでアリエッティの製作過程をやっていたので、家族で盛り上がって見ていました。   dvb/
RATATOUILLE

「レミーのおいしいレストラン」(日本語吹替)を見に行ってきました。
原題は「RATATOUILLE」(ラタトゥーユ)で物語のキーになる料理名です。

この映画の予告を見たときに思い出したのが「ねずみのとうさんアナトール」という絵本。
たしか、パリの近くのねずみ村に妻と6人の可愛い子供達と暮らすアナトールが、何か人間の役に立とうとチーズ工場に忍び込み試食をして、アドバイスのメモ札を立てて帰ります。たちまち会社は大繁盛・・・。
みたいな話だったと思います。

読み返そうと本棚を探すのだけど見つからない。
どうやら図書室で借りたのを読んでやった記憶のよう。

映画は絵本より複雑になってます。
さすがはPIXAR、CGはとてもきれい。
パリの町並み、厨房での炎や湯気、料理…
朝一番の回だったので、見終わるころにはお腹が「グー」でした。dvb/
おにぎらずver.2+ハッピーフィート
春休みということで「ハッピーフィート」を見に行ってきました。
歌でハートを伝えるペンギンたちの中の”心の歌”が歌えないダンスが得意な主人公は群れから追い出され…。
かわいらしいペンギンをはじめとした美しい映像と、CGならではのダンスシーンでは好きな「ブギー・ワンダーランド」(アースウィンド&ファイア)他が流れ、まさにペンギンミュージカル。
サウンドトラックも気になります。

声優陣も豪華で、イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムズ、ニコール・キッドマンなどそうそうたるメンバー。
…残念ながら日本語吹き替え版でしたが…。
吹き替え版では、NEWSの手塚祐也、ブラザートムらがやってました。

実写との合成がすごく自然で、違和感なく見れました。
ペンギンの危機を救う方法が強引でしたが、エコの観点を含んでいるので…。
それにしてもオリジナルが見たかった。

で、用意していったのが「おにぎらず」。
前回よりもバージョンアップしました。
醤油を塗った海苔に塩をふりかけ、大人用には辛味噌を塗り、具は「ちりめん山椒」「昆布の佃煮」「梅干し」「イカナゴのくぎ煮」から好きな物をトッピング。
ご飯の量も1.5倍くらいになりました。
前のは薄味だったけど、今回はしっかり味がつき満足いく出来。
子どもたちもペロリと平らげました。dvb/
モンスターハウス(写真は「おにぎらず」)
子どもたちが楽しみにしていた映画「モンスターハウス」を見に行ってきた。
下の子は「怖いのいややなぁ」と言っていましたが。

1月から始まったこの映画、2月12日が最終日で1回上映。
…人気無かったのか?
一応スピルバーグプレゼンツで、アカデミー賞長編アニメ部門ノミネート作品なんだけど。

自分家の向かい側の家が「モンスター」だと気づくが、大人たちは信じてくれない。
「町を守るんだ!」という、ドキドキのアドベンチャー。
はじめは怖がっていた下の子も、指の間から見るという「怖い物見たさ」、最後には身を乗り出してみていました。

大飯食らいの我が家では、出かけるときはおにぎりを持って行く。
今回は、一度やって好評だった「おにぎらず」
マンガ「クッキングパパ」のレシピを、TV「黄金伝説」で再現していたのを試した物。
巻きずし用の海苔を炙って醤油を塗り、ご飯・梅干しをのせ、包む。
簡単!!
TVでは塩をまぶしていました。
いろいろとアレンジができるので、一つに4種類の具とか、研究の余地ありです。dvb/

新DVD
20061207_255018.jpg
久しぶりにDVDを購入しました。
「チキンリトル」「カーズ」「アイスエイジ2」の3作品。
最近のDVDだと思うけど、すべてUSEDで、新品2作品買うよりも安い。

でも、店のデッキの調子が今ひとつ良くない。
クリーニングしたんだけどなぁ…
修理にださないとダメかな…?dvb/
ハイジ

夏休み最後のお出かけに、映画を見に行ってきました。
見に行ったのは「HEIDI-ハイジ」吹替え版。
京都では京都シネマのみの上映で、期間終了間近になった今では
10:20からの1回上映だけ。

初めて入る京都シネマは、こじんまりとしたミニシアター。
劇場は60席ほどで、子供連れや年配の女性などで約2/3うまっていました。
その中に「お父さん」は一人だけ、平日だからね。

ハイジはアニメでしか知らないが、実写だとアルプスの風景が美しい。
ついアニメと比べてしまうのだけど・・・
横で子どもが「あれはペーターの家やで、・・・ほらな」
などとごちゃごちゃ言ってはゴソゴソするので、なかなか集中して見れない。
(ビデオを見たことがあるので)

終わってから
「ヨーゼフ出てこうへんかったな」
「うさぎ出てきた?」(ポスターに出ていた)
「あれ(車椅子が壊れる)はアニメよりも説得力があったわ」(妻)
「ジャックラッセルでてきたなぁ、2回も!」(気づかなかった・・・)
などと、ワイワイ言ってました。

吹替えの声優には、
     ハイジ役:森迫永依(実写ちびまるこちゃん役の子役だった子)
ロッテンマイヤー役:戸田恵子(女優、アンパンマンの声優さん)            セバスチャン役:藤森しんご(大人気のオリエンタルラジオの一人)
      ヤギ役:中田敦彦(オリエンタルラジオの”あっちゃん”)
でもヤギ役って…   dvb/
届いた!!

予約開始日に申し込み、楽しみにしていたDVD「Say Hello! あのこによろしく。」が届いた。

ジャックラッセルテリアのルーシーが出産し、仔犬たちがもらわれていくまでの数ヶ月間、約一万枚撮影された写真をもとに、紙芝居のような形式のDVD。
語りを女優の樋口可南子さん(この中の1匹「ニコ」を飼っている。)が担当。
挿入歌「Say Hello!」がいい感じです。

「モカも家に来たころはこんな感じだった・・・
なつかしいなぁ・・・」
という思いで見てしまいます。

同名の本も持っているのですが、何度見ても
「こんな風に撮りたい」
と思うのですが、結果は・・・

ほぼ日ストアで申し込んだら、1000個限定の特製ポーチが付いていました。
JRTを飼っている人、犬好きな人にお薦めです。  dvb/
子ぎつねヘレン
20060321_147600.jpg
見て来ました「子ぎつねヘレン」。

動物ものはやばいかも、泣いてしまうかも、と思いながら見ていると、横で上の子がゴソゴソ。

涙がポロッて時にも横でゴソゴソ…
下の子の方がおとなしく見て泣いていた。
本当にもう……(-"-;)

内容の方は動物と子供に頼りすぎ?
もう少し説明して欲しいと思う部分があり、残念に思いました。



予想外だったのは、予告の「ガメラ」でウルッときたこと。
年とって涙腺が弱くなってきてるのか?
(妻も同じことを言っていた)


ジャスコで人だかり。
なんだ?

WBCの決勝戦を見ている人々だった。
9回ツーアウト。
三振!
一斉に歓声と拍手!ヾ(≧∇≦)〃
おめでとう!!
DVD鑑賞
20060115_117135.jpg
久しぶりにDVDを見た。

トムクルーズ主演の「宇宙戦争」
子どもたちが寝てから、夫婦でゆっくり。
とはいかなかった。

最近お疲れで、この手の映画はあまり興味がない(というか見なくてもいい?)妻は、始まってすぐにウトウト。

一人で集中して観れました(苦笑) dvb/

ビギンズ
20051214_103878.jpg
バットマンビギンズを借りて見た。
渡辺謙さんの出てるやつ。

もう少し出てるのかと思ったけど…

まあ、バットマン誕生のプロセスとか映画バットマンに繋げていくは「なるほど!」と思ったけど、よく考えたら映画バットマンをちゃんと見ていない
(;□;)!!

マヌケだねぇ…dvb/